AF062_L

【女性の本音】早漏と遅漏はどっちがマシ?

某巨大掲示板ではきのことたけのこのごとく定期的に話題になる【早漏と遅漏はどっちのほうがマシ?】という話題ですが、色々なアンケートを調べて見た感じでは女性の本音としては【早漏のほうがマシ】らしいです。

ただし!アンケートのコメントを読んでみると『三こすり半でなければ』『極端な早漏を除けば』というコメントがかなり多く見られました。

女性の本音としてはやっぱり1分以内でイッてしまうような早漏はNGということでしょう。

その他のコメントでは

・早いのはそれだけ自分で気持ちよくなってくれているということなので、むしろ嬉しい

・気持ちいいのを一生懸命我慢しようとしている感じがかわいい

といった【早漏のほうがむしろいい】という意見や

・長すぎると痛くなる

・あまり遅いと自分に何か問題があるんじゃないかと不安になる

という【遅漏よりは早漏の方がいい】という意見、

なるべく早く済ませてほしいので早漏の方がいい

という、もはやそこに愛はないんじゃないか?と思われるコメントもありました。

 

一方遅漏の方がいいという意見では

・自分だけ気持ちよくなって終わり、というのはなにか『使われてる』みたいで嫌

・できるだけ長い時間楽しみたい

というコメントが多く、とくに『できるだけ長い間イチャイチャしていたい』という意見は非常に多かったので、早漏の人は挿入時間は短かったとしても【セックス全体の時間】はできるだけ長くなるよう前戯や事後のイチャイチャにも力を入れてみるといいかもしれません。

早漏と射精コントロール

射精をコントロールできるようになろうのページも書いたとおり、射精コントロールは【射精感のリセット】によって挿入時間をコントロールする方法です。

なので三こすり半などの場合を除けば基本的に早漏であるほど細かくコントロールができることになります。

ただし、例えば挿入後30秒しか持たない人が射精のコントロールをしようと思うと15秒毎に射精感のリセットをしなければならなかったりするので、やはり1~2分くらいは持つように訓練しておいたほうがいいと思います。

ちなみに現状、遅漏改善法というのはほとんど存在していないので、そういう意味でも早漏のほうがマシなのかもしれません。

早漏克服おすすめ教材

現役AV男優スパーキー佐藤が教える超早漏対策現役AV男優が教える二週間で早漏を克服する方法!
2009年に発売後、ずっと売れ続けておそらくもう一万人以上が体験している早漏克服法です。大量に掲載されている体験者の感想からもその凄さがわかると思います。
完全返金保証あり!
田淵正浩の早漏改善ブートキャンプベテランAV男優の田淵正浩が語る早漏克服のための呼吸法!そしてそれを手に入れるためのトレーニング方法がギュッと詰まった教材です。
ちなみに田淵正浩が出したこれの旧バージョンの教材はアマゾンで一位を取る人気教材でした。